相乗効果も期待出来る

がん細胞NK細胞療法はこれまでの樹状細胞ワクチン療法では効果が出なかったがん患者に効果が期待できます。そして、NK細胞療法は抗体医薬と併用をすることで相乗効果も期待できるのです。細胞ががん化してしまうと、がん抗体という物質が出てきます。これは免疫細胞であるT細胞が攻撃をする際の目印となっているのです。樹状細胞ワクチン療法とはこの目印を攻撃するシステムを利用しています。しかし、がん細胞によっては免疫細胞からの攻撃から逃げるため、目印を隠すことがあるのです。こうなってしまうと、樹状細胞ワクチン療法が効かなくなってしまいます。

しかし、NK細胞はこの目印以外の目印によってがん細胞を見つけることが可能で、見つけるとすぐに攻撃を始めます。T細胞が反応する目印が出ているかどうかは検査で判断することができるため、そこで目印が発見されなかったら樹状細胞ワクチン療法を避けることができるのです。そして、目印が出ていなかったとしてもNK細胞療法であれば効果が期待できます。

そして、NK細胞は抗がん剤と結合することで、がん細胞を攻撃する抗体依存性細胞障害作用があります。そのため、抗体医薬と併用することで相乗効果が期待できるのです。

〔参照リンク〕NK細胞療法・治療│輝鳳会


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket