NK細胞療法の流れ

注射MK細胞は単独でがん細胞やウイルスに攻撃を行うため、がんの治療法として注目されています。どのような人間の体内にもNK細胞があり、子どものころは体内に多くのNK細胞が存在しているのです。しかし、年齢を重ねることでNK細胞は減少するだけでなく、がんリスクも高まります。そのため、年齢を重ねたがん患者には特にNK細胞療法が適しているのです。さらに、NK細胞療法は副作用も少ないので年齢を重ねた患者も安心できます。それでは、NK細胞療法はどのような流れで行われるのでしょうか。

NK細胞療法を始めるには最初に患者の血液を50ccほど採取し、科学的な培養技術によって2週間かけてNK細胞を数億~数十億個に増殖します。そして、この培養したNK細胞を生理食塩水に溶かして静脈から患者の体内に戻すことで治療を行っているのです。この数億~数十億個という数のNK細胞は、一般人のNK細胞の数倍料となっています。このNK細胞療法は患者によって異なりますが、一般的に3ヶ月で6回の投薬治療が行われます

また、画期的ながん治療であるNK細胞療法ですが、副作用が一切無いわけではありません。副作用として38度以下の軽度の発熱が起こることがあります。しかし、これまでの治療の副作用と比較すると非常に小さいことが分かるでしょう。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket