相乗効果も期待出来る

がん細胞NK細胞療法はこれまでの樹状細胞ワクチン療法では効果が出なかったがん患者に効果が期待できます。そして、NK細胞療法は抗体医薬と併用をすることで相乗効果も期待できるのです。細胞ががん化してしまうと、がん抗体という物質が出てきます。これは免疫細胞であるT細胞が攻撃をする際の目印となっているのです。樹状細胞ワクチン療法とはこの目印を攻撃するシステムを利用しています。しかし、がん細胞によっては免疫細胞からの攻撃から逃げるため、目印を隠すことがあるのです。こうなってしまうと、樹状細胞ワクチン療法が効かなくなってしまいます。

しかし、NK細胞はこの目印以外の目印によってがん細胞を見つけることが可能で、見つけるとすぐに攻撃を始めます。T細胞が反応する目印が出ているかどうかは検査で判断することができるため、そこで目印が発見されなかったら樹状細胞ワクチン療法を避けることができるのです。そして、目印が出ていなかったとしてもNK細胞療法であれば効果が期待できます。

そして、NK細胞は抗がん剤と結合することで、がん細胞を攻撃する抗体依存性細胞障害作用があります。そのため、抗体医薬と併用することで相乗効果が期待できるのです。

〔参照リンク〕NK細胞療法・治療│輝鳳会


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

NK細胞療法の流れ

注射MK細胞は単独でがん細胞やウイルスに攻撃を行うため、がんの治療法として注目されています。どのような人間の体内にもNK細胞があり、子どものころは体内に多くのNK細胞が存在しているのです。しかし、年齢を重ねることでNK細胞は減少するだけでなく、がんリスクも高まります。そのため、年齢を重ねたがん患者には特にNK細胞療法が適しているのです。さらに、NK細胞療法は副作用も少ないので年齢を重ねた患者も安心できます。それでは、NK細胞療法はどのような流れで行われるのでしょうか。

NK細胞療法を始めるには最初に患者の血液を50ccほど採取し、科学的な培養技術によって2週間かけてNK細胞を数億~数十億個に増殖します。そして、この培養したNK細胞を生理食塩水に溶かして静脈から患者の体内に戻すことで治療を行っているのです。この数億~数十億個という数のNK細胞は、一般人のNK細胞の数倍料となっています。このNK細胞療法は患者によって異なりますが、一般的に3ヶ月で6回の投薬治療が行われます

また、画期的ながん治療であるNK細胞療法ですが、副作用が一切無いわけではありません。副作用として38度以下の軽度の発熱が起こることがあります。しかし、これまでの治療の副作用と比較すると非常に小さいことが分かるでしょう。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

T細胞との違いとは

体内には細菌やウイルスなどの病原体だけでなく、突然変異によって発生するがん細胞などの危険にさらされています。しかし、人間の体内にはそういった病原体から身体を守る免疫システムを持っているのです。そのため、人間は健康に生活ができます。そして、免疫システムの中でも特に重要な役割を持っているのが免疫細胞なのです。

胎児免疫細胞には単球系、顆粒球系、リンパ球系の三種類がありますが、NK細胞はリンパ球系に含まれています。このリンパ球系にはT細胞と呼ばれる細胞もあり、病原体や異常細胞を見分けて攻撃をする機能を持っているのです。そのため、T細胞も頼もしい免疫細胞ですが、樹状細胞などから攻撃指令が無ければ働いてくれません。しかし、同じリンパ球系であるNK細胞は単独で体内をパトロールしており、がん細胞やウイルス感染細胞を見つけるとすぐに攻撃を始めるのです。がん化した細胞やストレスを受けた細胞を独力で見つけることができることから、ナチュラルキラー細胞と呼ばれました。

NK細胞はT細胞と比較して原始的な細胞と思われていましたが、最近はNK細胞も複雑で高度な働きをすることが分かりました。たとえ妊婦だったとしても、胎児に悪影響を与えないように高度な機能で調節しています。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

NK細胞療法とは何か

がん治療に効果が期待できるNK細胞療法が注目されていますが、これはどういった治療法なのでしょうか。「NK細胞」とは「ナチュラルキラー細胞」の略で、ハーバマングループによって発見されたものです。NK細胞とは腫瘍細胞、ウィルス感染細胞などに対し強い細胞障害活性を示しており、根拠に裏付けられた研究によって高純度のNK細胞の大量培養に成功しています。そして、このNK細胞によってがんを治療するNK細胞療法が確立されたのです。

薬もちろん、これまでもがん治療が行われていました。がん治療は手術法、抗がん剤投与治療、放射線療法の三種類が代表的だったのです。しかし、これらの治療方法は患者の身体に与える負担が大きく、副作用も強いというデメリットがありました。そのため、多くの方に「がん治療はつらいもの」というイメージを与えてしまったのです。中でも進行がん、末期がんになってしまうと、抗がん剤の大量投与や放射線の大量照射が行われていました。そして、皮肉なことにこれらの治療によって寿命を縮める結果になることもあったのです。

そこで登場したのがNK細胞療法なのです。これは粘液治療法のひとつで、患者の免疫力を高めて体内の細菌、ウイルス、腫瘍などを排除します。NK細胞療法であれば身体への負担も少なく、副作用も少なくなっているので安心して治療が受けられるでしょう。これだけ注目されているNK細胞療法ですが、専門的なことは分からないもの。そのため、こちらにはNK細胞療法の情報を集めました。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket