NK細胞療法とは何か

がん治療に効果が期待できるNK細胞療法が注目されていますが、これはどういった治療法なのでしょうか。「NK細胞」とは「ナチュラルキラー細胞」の略で、ハーバマングループによって発見されたものです。NK細胞とは腫瘍細胞、ウィルス感染細胞などに対し強い細胞障害活性を示しており、根拠に裏付けられた研究によって高純度のNK細胞の大量培養に成功しています。そして、このNK細胞によってがんを治療するNK細胞療法が確立されたのです。

薬もちろん、これまでもがん治療が行われていました。がん治療は手術法、抗がん剤投与治療、放射線療法の三種類が代表的だったのです。しかし、これらの治療方法は患者の身体に与える負担が大きく、副作用も強いというデメリットがありました。そのため、多くの方に「がん治療はつらいもの」というイメージを与えてしまったのです。中でも進行がん、末期がんになってしまうと、抗がん剤の大量投与や放射線の大量照射が行われていました。そして、皮肉なことにこれらの治療によって寿命を縮める結果になることもあったのです。

そこで登場したのがNK細胞療法なのです。これは粘液治療法のひとつで、患者の免疫力を高めて体内の細菌、ウイルス、腫瘍などを排除します。NK細胞療法であれば身体への負担も少なく、副作用も少なくなっているので安心して治療が受けられるでしょう。これだけ注目されているNK細胞療法ですが、専門的なことは分からないもの。そのため、こちらにはNK細胞療法の情報を集めました。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket